FC2ブログ

懐かしい映像発見!:2015年ラリーアメリカ表彰式

ずっと探していた、メモリアル映像をようやく見つけました!

2015年全米ラリー選手権最終戦 LSPR優勝時の映像です。

今更感が半端ないですが(笑)よろしければご覧ください。



スポンサーサイト

FIAアジアパシフィックラリー選手権 ラリー北海道に参戦します

ラリーを本格的に初めて17年経ちました。

毎年、チャレンジの連続でしたが、多くの仲間やスポンサー様のサポートのお陰で、ここまで続けてくることが出来ました。
現在も、全日本ラリー最高峰クラスのJN-6クラスで、レジェンドドライバー相手にチャレンジを続けています。

そして今年から、次なるチャレンジとして国際ラリー参戦、更にはWRC参戦に向けて準備をしていく事にしました。

WRCに出るために、まずは国際ラリーの経験を積むべくチームと協議をしてきましたが、この度、WRC(世界ラリー選手権)直下のカテゴリーである、FIA APRC(アジアパシフィックラリー選手権)に参戦する事になりました。

https://fiaaprc.com/

最初の国際ラリー:APRCへの挑戦という事で、9/14~16にかけて、北海道帯広市周辺で開催される、

「2018アジアパシフィックラリー選手権第4戦 ラリー北海道」

への参戦を目指し、現在準備をしています。

http://www.rally-hokkaido.com/jp/

アジアパシフィックラリー選手権に出場するにあたり、必要なものは、

・国際C級ライセンス以上
・メディカルサティケート
・ヘルメットなど、FIA公認の装備品
・FIA公認のラリーカー
・サポート体制
・お休み
・お金

といったところでしょうか。

ライセンスは、10年以上前に国際ライセンスを取りましたので問題なし。
装備品は、一部買い増しが必要。
ラリーカーは、今全日本で走っているランサーエボ10があります。
もともと2010年のWRCラリージャパンに出場した車なので、問題無いでしょう。
サポートは、引き続きアールエスタケダラリーチームジャパンで頂きますので問題なし、という事で、

あとはお金とお休みを何とかすれば良いでしょう。
それが一番大変だったりしますが。


あ、メディカルサティフィケートが必要ですね。

メディカルサティフィケートは、要は「私はラリーに出れる健康な人間です」という事を証明する為の医師の診断書です。
国際ラリーに出場するには、1年に1回、医師の診断を受けて、診断書を書いてもらう必要があります。
38454453_1054251374742195_5417036959597985792_o.jpg

血圧や視力、心電図検査などを受けて、医師の診断結果をこちらに記入してもらい、JAFに送ります。

その後、JAFのお墨付きが入ったサティフィケートを、ラリー時に持参、提出するという流れです。
(初めてなので、あまりよくわかっていませんが・・・)


という事で、アジパシ参戦に向けて、粛々と準備を進めていきたいと思います。

ラリーカーレンタルプラン 2018始動

今年も、ラリーカーレンタルプラン(ヴィッツRS)のご用命がありました。

大変ありがたいことです。

という事で、ドライビングレッスンの講師をしに、灼熱のモーターランド鈴鹿へ行ってきました。

今年参加される方は、レース参戦の経験があり、非常に運転技術の高い方でしたので、
走り方の幅を広げる事を中心に、助手席からアドバイスを送り、走りこんで頂きました。
また、筆者もハンドルを握り、助手席から学んで頂きました。

結果、サーキットという決められたコースの中ではありますが、様々な走り方が出来るようになりました。


ラリーは、レースとは違い路面状況が安定しませんし、コーナー毎にオフィシャルがいませんから、
ペースノートはあれど、基本的に路面の状況は、コーナーに入ってみないとわからないです。

言い方を変えると、リアクションが勝負です。

走ってみて、コーナーに入ったときにどんなリアクションが出来るか。
アツアツのおでんをほおばったときに、どんなリアクションが出来るか、

ダチョウ倶楽部のような、幅広いリアクションが必要なわけです。

ですから、幅広いリアクションが出来るように、笑いの引き出し、いや、走りの引き出しを多く持つことが、
ラリーで安全に速く走るための秘訣だと筆者は思っています。

という事で、受講された方には、リアクション芸人になるべく、基本のキを学んで頂いた次第です。
37788732_1042554362578563_2023700517275828224_o.jpg

今後は、ペースノートの実技と実践を数回行って、10月に実戦デビューの予定となっています。
デビュー戦が今から待ち遠しいです。

筆者も今までの経験を生かして、お客様のラリーデビューをバックアップしていきます。


http://www.rstakeda.com/rcrp_2017.html

スポーツカート耐久レース参戦 その2

今年は、更なるスキルアップを目的とした、レーシングカートレースへの挑戦を行っています。

3月末に、静岡県のオートパラダイス御殿場で行われたカート5時間耐久レースに出場しました。

そして、6月には愛知県の幸田サーキットで行われた、カート5時間耐久レースに出場してきました。

記憶が無くならないうちに、簡単に振り返っておきたいと思います。



レーシングカートチーム「racer racer」の第5ドライバーとして、2戦目となる今回。

6月9日に練習走行。
6月10日が予選とレースの日です。


まず6月9日、練習走行の日。
今回は2台体制で練習走行を行ったため、たっぷり走ることが出来ました。
フレームの違いで、操縦性が全然違うということも体験できました。


しかし、この時、筆者は取り返しのつかないミスをしてしまいました。

そうです。

「前日に練習しすぎる」という、多くのモータースポーツ選手がハマる失敗です。



翌、6月10日。

朝から体が痛い。特に腕がパンパン。握力がありません。

やってしまいました。


が、足でハンドルを切る訳にもいかず、どうする事も出来ないので(笑)あとは気合で。


当日は朝から曇りで、今にも雨が降りそう。
34814424_998340213666645_4777449173114945536_o.jpg

35052169_998340223666644_3501870205762535424_o.jpg

34882912_998340220333311_262775140075438080_o.jpg

「チーム内で一番重たい人が予選アタック+スタートドライバー」

というレースのレギュレーションに基づき、一番重くて遅い筆者が予選アタック担当に。

必死で走りましたが、前日の疲れがバリバリ残っており、体が横Gに付いていけません。

それでも何とか6番手をゲット。
35052220_998382556995744_5109434099097927680_o.jpg

34826154_2099857033561216_8448915744632078336_n.jpg

初のスタートドライバーです。

そして、スタート前に突然の雨・・・

急遽レインタイヤに交換し、カッパを着て、練習なし、一発勝負の初ウェットレースに・・・

なかなか出来ないシビアな体験。

ラリーのトレーニングにはピッタリ(笑)



そして、6番グリッドから、11時に5時間耐久レースがスタート。

・・・すごい水しぶきで、前が見えません。



ローリングスタートで1台に抜かれ、この後もどんどん抜かれるんやろな・・・


あれ、何か、前についていけてる・・・

何か、前に追いついてきた・・・

おっ、抜ける??



何と、数周で前の車を3台も抜いて、3位に浮上。

自分でもビックリ。ピットのチームメイトもビックリ(笑)

なんでしょうね、やっぱりラリードライバーだからですかね。


この後、ドライバーチェンジをして、一時はトップ争いに加わるも、1時間ほど走行したところでマシントラブルが発生。
長い間ピット作業を強いられ、後は淡々とゴールを目指すのみになってしまいました。

結果、完走はしたものの、最終順位は振るわずになってしまいましたので、チームとしては残念な結果となりました。


が、筆者としては、

・初めての予選アタック
・初めてのローリングスタート
・初めてのウェット+レインタイヤ+レース

と、色んな「初めて」を経験出来、本当に多くの収穫があったレース参戦となりました。



ロールプレイングゲームって、経験値が貯まるとレベルアップしますよね。

今回も、多くの経験値が得られたチャレンジだったと思います。

Clam Hunt

初夏の風物詩?潮干狩りに行ってきました。

英語ではClam Huntとか、Clammingとかいうみたいですが、海外にも潮干狩りの文化あるんですかね。

場所は三重県津市の御殿場海岸。

家から車で30分程度の場所にあります。

GWはもっと混むみたいですが、当日は6月の日曜午後だったので、それ程混まず。
無料駐車場にもすんなり入れて、渋滞や混雑を覚悟していた筆者はやや拍子抜け。

が・・・

しまった。塩を忘れた。(塩はマテ貝捕りの必需品なのです)

近くのディスカウントストアで塩を物色したが、見つからず。
唯一見つかったのが、


・味塩コショウ
・ミル挽き岩塩


の2択。

と言う事で、しばし悩んだ挙句、ミル挽き岩塩をチョイス。

まあ、無いよりはいいやろ!

35225372_999230730244260_5924949810518949888_o.jpg


潮が引いた干潟を必死にスコップで掘り返すも、アサリやハマグリが全然いない。

いるのはマテ貝ばかり、と言う事でマテ貝捕りに変更。

砂浜に空いている穴を見つけて、先ほど買った岩塩を、ミルで挽いて、


ゴリゴリ・・・

ゴリゴリ・・・

ゴリゴリ・・・


全然塩が穴に入らないやないかーい!

塩の粒が少なすぎて、まったく穴から反応なし。

ミル挽き岩塩(南アフリカ産)をゴリゴリ挽きながら、貝捕りする筆者。

さぞ周囲の人には奇異に映った事でしょう・・・



こうなったら、マテ貝の穴ごと掘り返して貝を捕まえたる!
35058292_999230786910921_7671966296908496896_o.jpg

ふう、手こずらせやがって。

とりあえず晩飯になるくらいには捕れました。


海で生き物を捕まえる。
命のありがたみを感じながら、自分たちで捕った貝を食べる。

子どもたちにもいい経験になったのではないでしょうか。
35102402_999230820244251_7477992298077224960_o.jpg