若狭ラリー オンボード映像

若狭ラリー2017 SS13 Sekiyaの映像です。



本ステージは、距離こそ4.02㎞ですが、ギャップやアップダウンが多く、ジャンピングスポットやトンネル、鉄板で出来た橋など、非常に変化に富んだ難しいステージだと思います。

ジャンプはあまり飛ばないように(着地で車が壊れるリスクがあるので)走っています。

そして、鉄板の橋を渡ったあとは怒涛のハイスピードセクションです。

この狭い道で5速に入っています。トップスピードは150㎞/hくらいと言ったところでしょうか。


後から見直して見ると、結構ミスしているし、ライン取りも良くない個所がありますね。
スポンサーサイト

若狭ラリー 総合5位フィニッシュしました

若狭ラリー2017、2日間の戦いが終わり、総合5位で完走出来ました。

土曜、日曜ともに非常に暑い中のラリーでしたが、昨年から地道に行ってきたトレーニングの効果か?体力的には全く問題なく、車のほうもレッキでブレーキの不具合はあったものの、ラリースタート前に修復を終え、ラリー中はほぼトラブルフリーで走りきる事が出来ました。

久万高原ラリーで抱えていたミッション系、エンジン系の不具合も、チームの方で対策して頂いたお蔭で解消され、思い切って走る事が出来ました。

今回はゼッケン5番という事で、周りを日本を代表するトップドライバーの方々に囲まれ緊張しますし、未だに慣れませんが、車の事やドライビングの事等、色んな事が聞けて非常に参考になっています。

皆さん揃って言われる事は、「4WDターボ(重い車)は難しい」と言う事です。

その分やりがいもあるし、自分自身JN-6クラスで走れて成長している実感もあるし、まだまだ成長出来そうな気がします。

このようなチャンスを与えて頂いていることに感謝しています。

早く表彰台争いに加わる事が出来るよう、引き続きコツコツと頑張りたいと思います。

次戦は6月9日から11日に、群馬県嬬恋村で開催される「モントレー2017」に参戦します。



ご協賛各社様(敬称略)
・アールエスタケダラリーチームジャパン
・株式会社アイ・アール・エス
・株式会社エナペタル
・ガルフオイル/ゴトコジャパン
・株式会社キャロッセ
・サスペンションプラス株式会社
・住友ゴム工業株式会社
・ブリッド株式会社
・株式会社ブロンコ・バスター



若狭ラリー Day1

どピーカンの若狭ラリー2017。

最高気温30度!

いやー暑かった。

色々ありましたが、現在、総合6位のポジションです。

明日もこの調子で頑張ります。
18447383_808500292650639_1888078016559079431_n.jpg





SS7のスタート待ちにて。

今日は、「世界のアライ」こと、新井敏弘選手の後ろでのラリーでした。

新井選手のようにカッコいい走りが出来るように、今後も頑張ります。
18519901_808500269317308_1922056310336220062_n.jpg

若狭ラリー2017に参戦します

昨日の夜から福井県のおおい町、高浜町に来ています。

明日より全日本ラリー選手権第4戦「若狭ラリー2017」が始まります。

我々のゼッケンは5番、明日の7時34分におおい町の「うみんぴあおおい」をスタートします。

今日は、朝からレッキと車検、ドライバーズブリーフィングとセレモニアルスタートでした。

その後、レッキで撮影した車載映像を見ながら、ペースノートのチェックを宿で行い、今ようやく一息つきました。

明日は朝早いので、もう寝なければ・・・

レッキと車検の日が一番忙しいんですよね。

18527989_807853769381958_4693483466866834849_n.jpg

あ、今日一枚も写真撮ってなかった!と思って撮った写真です。

もう周りは夕暮れ。



という事で、明日からラリーです。

頑張って走りますので、応援宜しくお願い致します。

若狭ラリーのHP

SSタイム速報

久万高原ラリー オンボード映像・・・と、オイルパンの話

チームから、先日行われた 「久万高原ラリー2017」 のオンボード映像がYoutubeにアップされましたので、宜しければご覧ください。

しかし、ランサーのエンジン音は静かですね。過去のシビックの映像とはえらい違いだ・・・



さて、先日のラリーでは、オンボード映像の後半に出てくるグラベル路面でランサーのオイルパンを割ってしまいました。

通常グラベルラリーでは、オイルパンや下回りを保護する「アンダーガード」を装着し、車高もノーマルより高くして走行しますが、このラリーはターマック(舗装路)ラリーであり、グラベル路面は最後ちょろっとだけ、だったので、ターマックラリー用の低い車高で、アンダーガードを付けず(重くなるので)、ターマック用タイヤのままグラベル路面を走行しました。

という事で、かなり気を付けて走っていましたし、また石にぶつかった感覚もなかったのですが、結果的にここでオイルパンが割れてしまい、エンジンオイルが漏れてしまいました。

幸い、SSフィニッシュ後すぐにサービスだったので、すぐに修復に掛かれました。
すぐサービスでなければリタイヤだったかも。

で、我々チームのサービス隊長、ケンジ氏がどうやって直したかと言うと、

「石鹸」

で直しました。

石鹸って言っても、ハンドソープや粉せっけんではありません。

昔、小学校で、手洗い場にみかんの網に入れられてぶら下がっていた、あんな感じの石鹸です。

レモン石鹸って言うんですか?あれ。

目をつむって、思い出してみてください、小学生の頃のことを・・・


そうです、あれです。


よくあれで、掃除の時間にシャボン玉を作って、先生に怒られましたよね。


あれを、サービスパークから徒歩1分、我々チームが宿泊していた「大谷山荘」に借りに行って、オイルパンにゴシゴシ・・・

そのあとはガムテープでぐるぐる巻きに。


いや、石鹸で「ガソリンタンク」の穴を塞げるというのは筆者も知ってたけど、さすがにオイルパンはダメでしょ!

って思ってました。

先日までは。


それがなんと、最後までオイル漏れなく何とか走りきる事が出来ました。


サービス隊長ケンジ氏の機転と、石鹸を貸して下さった大谷山荘の方々に感謝です。



そういえば、2015年ラリーアメリカ最終戦でも、レッキカーのオイルパンをレッキで割ってしまった事がありました。

林道の真ん中でレッキカーがストップ。

その後、後続のレッキ車輛(ダッジラムって言う、バカデカいピックアップトラック)をヒッチハイクして、リヤ席に乗ってレッキを続けました(笑)

レッキ終了後に、補修用パテを持って林道に向かい、林道内で応急処置を施し、車を持って帰ってきたのも良い思い出・・・

というか、トラウマです。

ラリーアメリカのグラベル路面は結構スムースであまり荒れていないので、普通のセダンでも行けるやろ!

って思った筆者がバカでした。

あー、バカバカ。

いくら路面が良好って言っても、グラベルラリーだから荒れてる箇所もありますよね・・・

この時のインタビュー映像がありました。かなりの動揺が見て取れます。

「道の悪い所で車を壊すかなー」と言っていますが、既にレッキカーを壊したあとの映像です(笑)

この後補修用パテを調達して、林道までレッキカーを直しに行きました。



という事で、オイルパンにまつわる話でした。