岐阜 vs 名古屋

筆者は岐阜県出身です。

岐阜県でも一番愛知県寄りの町で育ちました。
名古屋まで電車で20分弱と言う事もあり、昔から名古屋は近くの都会で、子供の頃は憧れの対象でした。

大人になって社会に出ると、日本全国の方と知り合いになりましたが、

「ご出身は?」

と聞かれて、

「岐阜です」

と答えた時の、話の弾まなさ・・・

「・・・岐阜って何処に有りましたっけ?」

と、何度聞かれた事か。、

「名古屋の近くです」

と答えた後の、「あー、名古屋ね」 な感じ。

岐阜って、ずっと名古屋には敵わないのか・・・織田信長さえ、本能寺で死ななければ・・・

なんて、自然と心に刷り込まれてきました。


※岐阜駅前には、金の織田信長像があります。
そもそも、岐阜という名前は織田信長が付けたと言われています。
10月には岐阜の町で信長祭りがあり、岐阜は織田信長ゆかりの町なのです。
以上、豆知識でした。


が、


名古屋グランパスがJ2に降格したお蔭で、我が町のサッカーチーム「FC岐阜」が、

あの「名古屋グランパス」と、J2リーグ戦で対戦する事になりました。

名付けて、「名岐ダービー」

一部、「名岐じゃないだろ、岐名だろ」とか、「濃尾ダービーだろ」とかいう声もあったようですが、
まあここは広い心で、名岐で良いじゃないでしょうか、と思う次第です。


と言う事で、岐阜が名古屋を倒す、歴史的瞬間を「生で」見なければと思い、豊田スタジアムに駆け付けました。
17425897_776385852528750_3057764288761573008_n.jpg


名古屋の大サポーターに対して、我がFC岐阜サポーター・・・少ない。
くそう・・・
17361665_776385865862082_984557459780501756_n.jpg

17362929_776385842528751_8449844022410686891_n.jpg



ただ、やはり名古屋グランパスは戦力が一枚も二枚も上。
やっぱり敵わないんだろうな・・・なんて思っていましたが、

FC岐阜、大善戦!

パスが回り、名古屋に全くサッカーをさせず、後半についにFC岐阜が先制点!


勝てる!


と思ったのもつかの間・・・最後は名古屋の底力に屈し、1対1の引き分けに終わりました。

が、

あと少し、あと少しで、あの「名古屋」を倒すところまで行きました。
17361630_776385935862075_2031304886215058694_n.jpg


次は10月に、FC岐阜のホーム、長良川競技場での対戦となりますが、何とか時間を作って観戦に行こうと思います。

ちなみに息子は、名古屋グランパスのファンだそうです。
スポンサーサイト

71年ぶり

広島カープが日本シリーズ2連勝しましたね。


昨日の試合はTVで見ることが出来ました。

普段、TVで野球を見ない子供達ですが、昨日は球審が白井さんだったので、

「アァァァァァァァイイ!」

をものまねしながら、飽きる事無く、最後まで見てくれました(笑)

「すごいね野球選手って!みんな笑わないんだね!」

とは、長男の言葉です。

いや、そういう見方もあるのね・・・



さて、海の向こうでは、シカゴカブスが71年ぶりのワールドシリーズ進出を果たしましたね。

カープがリーグ優勝したのが25年ぶりですが、これくらいヌルいですね。
カープファンは、まだ幸せな方でしたわ。

カブスがワールドシリーズを制覇すると、108年ぶりだそうです。。。
ハンパないっすね。


去年リグレーフィールド行ったなー、また行きたいなー。

1年前の記事


ところで、カブスの傘下で長い間マイナーリーグ生活だった、日本が誇るガッツマン川崎宗則選手ですが、シーズン終了ギリギリでメジャー昇格を果たし、現在チームに帯同しているそうです。

いやー、本当に良かったなー。

日米のプレーオフ最終ラウンドから目が離せません!



川崎のドキュメント、最新版です。
筆者もこれを見て、昨年までのアメリカでの暮らしと、戦いの日々を思い出しました。
そして、今一度気合を入れなおして、ラリー最終戦に向けて準備したいと思います。


グランパス崖っぷち・・・Jリーグ観戦

息子がサッカー少年団に入団しました。

これで、サッカー観戦に行く口実が出来た訳ですが(笑)たまたまラリー仲間にチケットを頂いたので、Jリーグの試合「名古屋グランパス対ガンバ大阪」を、豊田スタジアムまで観戦に行ってきました。

18時過ぎに豊田勘八IC横のシャトルバス乗り場・駐車場に着いたのですが、駐車場に入るまでに渋滞が出来ており、駐車場も満杯で、随分と奥の方に誘導され、さらにシャトルバス乗り場も行列・・・
過去2回来てますが、こんな事は初めてです。
みんなJ2降格崖っぷちのグランパスを応援に来ているのか、ただ単にバスの台数が少ないのか・・・両方だな。

結局、19時30分のキックオフ直前に到着。

当日は、全日本ラリー選手権最終戦「新城ラリー」のPRブースが豊田スタジアムにあった、はずなのですが、ブース開設時間に間に合わず・・・ブースには友人知人も多数だっただけに、残念。

チケットはホームサポーター席、要は自由席なもんで、良い席は全く空いておらず、随分と上の方から見ることになりました。
ウイニングイレブンを見ているようです・・・
IMG_1246-1_20160921210746468.jpg

でも、Liveならではの歓声、臨場感は良いです。
息子も、何かを感じてくれると良いのですが。

結果は3対1で、ガンバの勝ち。

グランパスは、ガンバの術中に嵌っているというか、ボールを持たせておいて、中盤で厳しくプレスを掛けてボールを奪って、そこから速攻、という、所謂ショートカウンター戦術にやられました。
特定の数名の選手が狙われていて、その選手がボールを持つと、ガンバの選手は一気にプレスを掛けてくるように見えました。

グランパスは、パスの出し手、ボールを安全に預けられる選手が一人しかおらず、その選手がボールを持たない限り、守備から攻撃に切り替えて上がれないので、攻めが非常に遅い。ボールを奪う位置も低い。
中盤にもう一人、キープ力があってパスが出せる選手が欲しいのと、FWがもっとプレスを掛けに行かないと厳しいかな、っと。


上から見ていると良く分かります。
またサッカー観戦に行きたくなりました。


グランパスには、何とか踏み止まって欲しいのですが・・・

ナゴヤドームのグラウンドウォークに行ってきました

筆者の長男は野球選手になりたいそうです。
好きなチームは「ヤクルトスワローズ」

チームに入ったら、「ヤクルト」が飲み放題だからというのが理由のようです。

次点で、「雪見だいふく」が食べ放題のロッテということらしいです。。。


今回、野球観戦バスツアーのチケットが、手ごろな値段で手に入ったので、そんな夢見る子供達を連れて、

「ナゴヤドーム」

へ、10年ぶりくらいに行ってきました。

対戦カードは、中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズ。


とまあ、広島カープファンの筆者にとっては、割とどうでもいいカードでしたが(笑)今回の目玉は、

「試合終了後にグラウンドウォークが出来る」

ことでした。

と言う事で、試合観戦はほどほどに、まずは大人の黄色いジュースを一杯。
酒のあては当然味噌串カツです。
昔、子供の頃に食べた、ナゴヤ球場の串カツや、どて煮を思い出しますね。
あの頃はビールじゃなくて、「メローイェロー」 でしたけどね。
IMG_0630_201606022226337f7.jpg

当日は、球審が「卍」コールの人だったんで、見逃し三振を楽しめました。
5回くらい卍をやってくれて、生卍に興奮しました。
すいません、野球好きな人しかわからないですね。


子供たちは当然、席でじっと試合を見ないので、上の子はスピードガンに挑戦させました。
セットポジションから、気合が入って・・・
IMG_0633.jpg

このダイナミックなフォームから繰り出される、
IMG_0634_20160602222638e88.jpg

32㎞/hの剛速球!




下の子は、フェンス際の飛球を、フェンスによじ登って取る練習。
こんな時でも、カメラ目線は忘れない!それでこそプロです。
近いうちに是非とも、阪急山森ばりのキャッチを見せてほしい所です。
IMG_0640.jpg


日曜のデーゲームなのに、ナゴヤドームは随分とガラガラになってしまったなと。。。
IMG_0631_201606022226340b3.jpg


てな感じで試合は終わり、グラウンドウォークの時間が来ました。
子供は大はしゃぎ。
IMG_0650_201606022231012aa.jpg

大人も大はしゃぎ(笑)
IMG_0674.jpg

IMG_0687.jpg


色々ナゴヤドームに不満や言いたい事はあるけども、やっぱりプロ野球の球場はワクワクします。

サッカー観戦から学ぶ

昨日は、ピケ8、いやグランパス8が勝ちました。


プロのサッカーは初めて生で見ました。見に行って良かったですね。


201010301508000.jpg


筆者がサッカーを本格的にやっていたのは20数年前でしたが、その頃はプロリーグなど無く、

たまにテレビで流れる「日本リーグ」の試合のスタンドはガラガラ。

それを思えば、豊田スタジアムみたいな専用球場で、2万5千人も観客が入った中で試合する、

本当に20年でメジャーになったんだなあ、と改めて思った次第です。



サッカーまるで分からないうちの連れ合いは、

「知らない選手ばかりだから良く分からない」

と言っていましたが、イケメン「玉田選手」を教えてあげると、感情移入して応援してました。

挙句は「この席は玉田の顔が良く見えんからダメだ!」

とダメ出しされてしまいました。


プロスポーツに超疎いうちの連れ合いは、

「なんで皆こんなに一生懸命応援しているのか分からない」

と言います。

「地元のチームを、地元の人たちが誇りに思って応援しているんだよ」と教えてあげると、

なるほど、と言った顔をしていました。


筆者が当たり前のように考えている事も、興味が無い人には当たり前じゃない事もあります。

うちの連れ合いの素朴な意見は、大変参考になりました。

最後は「面白かった、また行きたい」と言ってました。ニワカサッカーファン出来上がりです。


筆者が頑張って取り組んでいる、ラリーに当てはめて考えると、

お世辞にも、ラリー、その他モータースポーツの人気、認知度は高いとは言えない現状において、

どうやってラリーに興味を持って貰い、どのように楽しんで貰えば良いのか・・・

その為に筆者は何を努力して行けば良いのか・・・

そのヒントがJリーグに有る様な気がしました。

たまにはスポーツ観戦も良いものです。


と、言う事で、11/6~7に行われるMSCC東京ラリーのエントラントリストを見てみると、

三重県からのエントリー、筆者のみ。

岐阜県からでも、同様。


って事は、「三重県代表」選手やん?岐阜県代表、でも良いし。



と言う訳で、三重県と岐阜県の皆様、異論は有るかと思いますが・・・

勝手に代表を名乗って頑張ってきますので応援して下さいね!


ここからSSタイムの速報が見れます!



ちなみにオチはありません。

いつもオチはあるのか、という指摘は受け付けません。