帰国します

今日はアメリカでの最終出社日でした。

明日の朝、インディアナポリス空港を出発して、シカゴ、成田経由でセントレアまで行きます。

約5年のアメリカ駐在生活、ついに終了です。

思えば、5年間ずっとトップギアで、全力で走ってきて、気持ちがずっと張りつめっぱなし、という感じでした。

日本に着いたら、ほっと一息・・・したいところですが。。。

一息つく間もなく、家さがし、運転免許更新、JAFライセンス更新、車の購入、荷物の受け入れと整理、そして今年のラリーの準備・・・など、やることが目白押しです。

もちろん仕事もしなければなりません。

ですが、なるようにしかならないので、焦らず着実にやって行こうと思います。


5年間、「No Rally No Life in USA」をご覧いただきありがとうございました。

来週からは日本で頑張りますので、引き続き宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

家を引き払いました

インディアナポリス郊外のフィッシャーズ市にある、約5年間住んだ家を引き払いました。

12552558_567821996718471_8750943233581346357_n.jpg

12376203_567821993385138_2540021139211161582_n.jpg


辛い思い出の一杯詰まった、筆者の汗と涙と車の油がしみ込んだガレージも、物が無くなりました。

12592293_567822000051804_1694559329575007593_n.jpg


いよいよ帰国秒読みです。



送別会・・・

1月は毎週のように送別会がありました。

いやー、飲んだ飲んだ。


あっ、そうそう。

飲み会で1個、新しい、すぐに使える単語を覚えましたよ。


Puke.
ピューク。


意味は調べてみてください。

IMG_5895.jpg
撮影 Yama-3



送別カート大会

筆者の職場の有志が、カート場を貸切にして、送別カート大会を開いてくれました。

最後の日米決戦の舞台は、インディアナポリスのインドアカート場「Fast Time」

今まで数々の激戦が繰り広げられた場所です。

今回は三レース制。

予備予選レース、予選レース、決勝レースで争われます。
更に決勝はリバースグリッド。
混戦を極める事が予想されます。

筆者のライバルは、カートレーサーのPhilip。
先日ノースカロライナで行われた大きなインドアカート大会「King of Concrete」で優勝し、優勝賞金3000ドルをインディアナまで持ち帰ってきた、現役カートレーサーです。相手にとって不足はありません。
というか、今まで一度も勝てたことがありません(泣)

最後のチャンスだったのですが。
IMG_3039.jpg

やっぱり勝てませんでした(泣)

※アメリカの同僚は、筆者の事を「Big Potato」というあだ名で呼びます。

予選では0.3秒差まで詰めたんですけど、レースではぶっちぎられました。
リバースグリッドなんで、筆者は後ろから3番目(つまり予選3位)からスタートしましたが、あっと言う間にPhiipには抜かれ、予選2位のMikeと数周に渡る、抜きつ抜かれつのバトルの末、何とか2位でフィニッシュ。
カートレーサーとは、前の車を追い抜く鋭さ、タイミングなどが全然違いますね。

昔は23秒台での争いだったのですが、今では22秒台を出さないと勝てなくなってしまいました。
随分みんな速くなったと思います。

という事で、表彰台に登壇。
IMG_3040.jpg


日本で腕を磨いて、いつかPhilipを倒したいと思います。
IMG_3041.jpg

NFLを観戦してきました

今、アメリカはフットボール(アメフト)シーズンの盛り上がりが最高潮です。

今週末にカレッジフットボールのチャンピオンシップファイナルが行われます。
また、NFLもレギュラーシーズンを終え、スーパーボール進出を掛けたプレーオフが始まります。

という事で、この盛り上がりに便乗する為(笑)、また、アメリカ生活で恐らく最後のチャンスと言う事もあり、新年早々、地元のNFLチーム、インディアナポリスコルツの試合を観戦してきました。
スタジアムはダウンタウンの中にある、ルーカスオイルスタジアムです。



IMG_0893.jpg

年間試合数が少ない為、NFLのチケットは高額ですが、今回はこんなに近くで、
IMG_3015.jpg

見れるわけもなく、
IMG_3017.jpg

階段とスロープを登ること5分ほど・・・
IMG_3022.jpg

庶民はここから観戦致します。
スタンドの勾配が急なので、前の客の頭が視界に入ることはなく、試合全体が良く見えます。


試合のほうは、コルツが勝って最終戦を締めくくり、とりあえずみんな満足。


アメリカに来て、随分多くのスポーツ観戦をしてきました。

インディ500 2011
マイナーリーグ3A 野球観戦 2011
MLB観戦 シンシナティレッズ2011
インディカーシリーズ ミドオハイオ2011
競馬 チャーチルダウンズ
NFL インディアナポリスコルツ 2011
NBA インディアナペイサーズ 2012
MLB シカゴホワイトソックス 2012
MLB ミルウォーキーブルワーズ 2012
カナディアンラリーチャンピオンシップ 2012
インディ500予選 2013
MLB ピッツバーグパイレーツ 2013
NFL プレーオフ 2014
3A マイナーリーグ 野球観戦2014
MLB シンシナティレッズ 2014
サッカー観戦 2015
インディ500 2015
MLBとサッカー 2015
MLB シカゴカブス 2015

・・・めちゃくちゃ行ってるな。
記事にしてないやつも含めたら、もうちょっとありそうです。

アメリカのスポーツ観戦スタイルには随分と影響を受け、感化されました。

アメリカのスポーツ観戦とは、とにかく心から「楽しむ」事です。
アメリカは多文化多民族の国なので、楽しみ方は千差万別だと思いますが、とにかく皆、Enjoyしています。
試合やレースを席でじっと見ていない人、試合中もスタンド裏のコンコースでずっと立ち話している人、大勢います。
仲間としゃべる、テールゲートパーティをする、試合をじっくり見る、ビールを飲む・・・
色んなスタイルで楽しんでいます。
特に、インディ500で、観客の3分の1くらいは「レースを殆ど見ていない」のにはびっくりしました(笑)
テントを張って、ビールを飲みながらバーベキューをしたり、音楽を聴いて踊ったり、日光浴をしたり・・・こんな風に楽しめるのだな、と、感心してしまいました。
こういった、多彩な楽しみ方をしている面は、参考になる部分があると思います。


NFLもそうですが、競技場の盛り上げ方も上手です。
音楽や映像、スタジアムDJのアナウンスや客煽り、観客も参加するイベント(キスカムやスポンサー提供のミニゲームなど)をプレーの切れ目やイニングの合間に沢山入れてきます。


でも、日本の野球やサッカーの応援スタイルも良いものだと思います。
筆者の周りのアメリカ人は、日本に出張に行くと野球観戦に良く行っているようですが、日本の応援スタイルがかなり気に入っているようです。確かに一糸乱れぬ統率のとれた応援は、アメリカのめいめいが騒ぐスタイルとは対極にあるかもしれません。


でも、アメリカではどのイベントでも国歌斉唱があって、その時は場が引き締まって、スタジアムが一体になるんですよね。


統率のとれた応援をする日本、めいめいが騒ぐけど国家斉唱セレモニーではビシッと一体になるアメリカ。
文化の違いが見て取れますね。
IMG_3020.jpg


日本に帰ったら、日本のプロスポーツも色々観戦に行こうと思っています。