走行会終了

「ディレッツァサーキットミーティング」が終了。

今回はエントラントが過去最多の60台。

車離れが叫ばれている昨今、このような大勢の方々にモータースポーツを楽しんで頂ける事は、
モータースポーツの世界に身を置いている筆者にとっても、非常に喜ばしいことです。

200811150827000.jpg  200811150827001.jpg

また、クスコワールドラリーチームの柳澤選手も来場され、世界の走りを披露して頂きました。
個人的にも色々アドバイスを頂き、同乗走行など貴重な経験をさせて頂く事ができました。

柳澤選手どうもありがとうございました。



今日は「ドライビングレッスン講師助手」として、多くの方にラリー車の助手席を体験して頂きました。

モータースポーツ、しいてはラリーの楽しさ、素晴らしさをお客様にも体験して頂くことで、
ラリー及びモータースポーツ振興に、多少は貢献できたかな、と思います。

これからもモータースポーツの魅力を伝える為、ラリーで得た経験や知識を、一般のお客様に対し
フィードバックしていければいいな・・・と思います。



まあ、筆者に出来ることは大したことじゃないんですけど。

意識の話です。


・・・・・・・・・・・・



昨年の今頃に行われたディレッツァサーキットミーティングで、初めてFD2シビックを走らせた。
その時はドノーマルだった。
FD2_TESTED.jpg


その後、各方面と調整し、そのFD2がラリーで使えることになった。


そして、今年の4月に行われたサーキットミーティングで、ラリー車になったFD2を初めて走らせた。
だが、あまりのセッティングの出来の悪さに、アールエスタケダの武田社長と2人、頭を抱えた。


「ダメだ、こりゃ」


ドリフならここで金タライが落ちてきて終了なのだが、現実の世界はそうはいかない。

その時、ラリー初戦まで1週間しかなかった。




知恵を振り絞り、多くの方々の協力を得て、大幅に仕様変更を行い、何とかラリーに間に合わせた。

そんな思い出が、ふっと蘇った。



モーターランド鈴鹿と、ディレッツァサーキットミーティングには色々な想い出がある。



始まりはいつも、モーターランド鈴鹿。
そんな感じ。





さて、新城ラリーに向けて良いデータも取れたし、後は準備を終わらせて、体調を整えるのみ。
もうひと頑張りです。
スポンサーサイト
コメント

Re: 走行会終了

助手席に乗せていただいた者の一人です。
昨日はありがとうございました。

見せていただいたものが凄すぎてまだまだ参考にできる身ではありませんが、モータースポーツをやり続けようという燃料になりました。
貴重な体験をありがとうございます。

これからもがんばってください。

コメントありがとうございます

こうのさん

昨日はお疲れ様でした。

そう言って頂けるととても嬉しいです。

モータースポーツは多種多様な楽しみ方があると思います。
競技で好成績を収めること、仲間と一緒に楽しく走ること、サーキットでタイムを詰めていくこと、
いろんな楽しみ方があると思います。

これからもお互いモータースポーツを楽しみましょう!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する