FC2ブログ

FD2シビックのセッティング その1

新型車の産みの苦しみを味わっている今日この頃です・・・



さて、昨年から全日本ラリーに投入したシビックタイプR。

最終的には、2勝を挙げるまでに熟成が進みました。
そこに至るまでには、マシンセッティングにかなりの時間を費やしました。


全日本ラリー投入にあたり、一番の難関が、「マシンセッティング」

いくらベースとなる車の性能が高くても、それは市販車としての話。
市販車は、いろんなユーザーが使うであろうシチュエーションを想定してセッティングされています。
つまり、トータルバランス重視。

それを、いかにラリーに特化したセッティングに変えていくかが課題。
市販車で考慮されている快適性などは、最低限の所を残して割り切ります。


まずは、使用するタイヤとホイールから、検討を始めました。

FD2_TESTED.jpg



ホイールはレイズさんの製品を使わせて頂ける事になり、使用するタイヤ・ホイールのサイズを、
レイズさんと、以前からお世話になっているダンロップさんに相談しました。

タイヤは使えるサイズの中で一番幅が広い物、ホイールは最も軽量かつ丈夫な物を検討した結果


タイヤは235/45R17
ホイールは17インチの7.5J 「TE37」


を使うことに決定しました。インチダウンです。


ホイールの幅は全日本ラリーの規則で「16インチの7Jまで、もしくは純正サイズを超えないこと」
となっており、シビックは18インチの7.5Jが標準の為、このサイズに落ち着きました。


ただ、当然前例はありませんので、半分は「エイ、ヤー」で決定です。


ライバルのセリカやインテグラに対し、タイヤ幅10mm、サイズ1インチしか優位性がありません。
それなのに、車重は150~200kgも重い。
この時点で、「何だかいけそうな気がする~」っていう気持ちは全く有りません。


でも、シビックはリヤタイヤにも235サイズを履く事が出来ます。
リヤタイヤを有効に使えれば、インテやセリカと互角に戦えるかも・・・という事で、

続くサスペンションセッティングの方向性を「リヤタイヤをしゃぶり尽くす」に決定しました。



今日は眠いので、次回気が向いたらその2を書きます・・・


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する