雪道の備え

昔、

母親がJAFのオペレーター(#8139に電話すると受けてくれる人)をやってました。

この時期になると、雪道での救援依頼が物凄く増えるそうです。特にスキーに行く若い人。

雪山でトラブルに遭い、3~4時間待たされて、やっと救援を受けられた、という事もざら。

そんな事にならない為に、雪が降らない地方の人が、スキーなどで雪の多い場所に行くときは、

しっかりとした準備が必要になってきます。

今日は成人の日という事で、新成人に「雪道に赴く時の心得」を伝授したいと思います。



【準備その1】雪道に行く時は、必ず四輪とも残り溝のあるスタッドレスタイヤを履く。


当たり前の事なのですが、鈴鹿のような雪が降らない場所では軽く考えている人が多いです。

タイヤチェーンでも良いですが、非駆動輪がノーマルタイヤなので結構滑ります。

何よりメンドクサイ。

また、スタッドレスタイヤは何年も使っているとゴムが硬化して性能が落ちます。

数年したら取り替えるのがベターです。



【準備その2】スノーブレード(寒冷地用ワイパー)に交換する


雪道では、ワイパーについた雪が凍って、ワイパーが機能しなくなる時があります。

前が見えませんので、非常に危ないです。

ワイパーブレードがゴムで覆われているワイパーなら、凍りにくく機能を維持できます。

ただ、鈴鹿では売ってなかった・・・車の街なのに・・・



【準備その3】ウォッシャー液を原液にする


ウォッシャータンクに水を入れておくと凍ってしまい、水が出なくなります。

雪道ではフロントガラスが汚れやすいので、ウォッシャーが出ないと非常に不便且つ危ないです。

-20℃~-30℃でも凍らない物を、原液のまま入れる事をお勧めします。



【準備その4】ラジエータ液を換える


ラジエータ液(不凍液)は通常、水で希釈して使いますが、希釈し過ぎると低温で凍ってしまい、

ラジエータが破損、若しくはオーバーヒートしてしまいます。

普段、ラジエータのタンクに水を足している人は要注意です。薄くなっている可能性があります。



【準備その5】バンパーに付けた補助灯は外しておく


まあ、大体割れるか飛んでいきますね。

コバライコネンさん、見てますか?



準備その5は、一般の人は関係ないのでスルーして下さい。



ちなみに、JAFの救援で「坂道でブレーキが効かなくなった」という一報が入ったので、

ウチの母親が「エンジンブレーキを使って下りてください」と言ったら、

「それは何処に付いていますか?」と聞き返された事があったそうです。


・・・たまに、シートの裏側についてたりしますよね、エンジンブレーキ。



という事で、冬の備えをしっかりして、坂道はエンジンブレーキを探して掛ける。

新成人のみんな、お兄さんとの約束だぞ。

スポンサーサイト
コメント

No title

はじめまして。
いつもDCMでお世話になってますGRBインプのものです。
多分お気づきかと思いますが(^^)

初コメ失礼します。
いつも楽しく読ませていただいてます。

お母様が受付員???だったんですか。

そうですか。
ご苦労様でした。

私は今その受付員を統括し、その受けた依頼を各隊員に振り分ける指令業務をさせていただいております。

今年の年末年始の雪の依頼は強烈でした。

村瀬さん流に言うと、

「王将の床が油まみれで一歩踏み出すとすってんころりん、怖くて身動きがとれず助けてください!」

ってな感じでしょうか。


ちなみに昨日はおばちゃんからの依頼で、

「車から出れない!助けて~!」

というのがありました。

隊員が現場に着くとお客さんが車中で待ってました。

隊員の開口一言、

「鍵を開けてください」

…。

無事完了でした。


色んな人がいますね~。


ということで、今年も頑張ってください!
応援してますよーっ!

No title

555さん、コメントありがとうございます。

そうですか、555さんは統括なんですね。
大変なお仕事ですね。

かく言う筆者も、何度かJAFにお世話になってます。
スペアタイヤを持たずにダートに走りに行って、案の定パンクして牽引されたりとか・・・

今後もお世話になりますが、宜しくお願い致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する