FC2ブログ

アメリカ独立記念日イブなので

「モータースポーツ」=「暴走族」


これ、いわゆるレッテルです。

何かあると直ぐに「非国民」「右翼」「左翼」「おたく」とかと言うのと一緒。


レッテルとは・・・Wiki見てください。


「モータースポーツ」を知りもせず、「暴走族」と言って憚らない人は、残念です。

思考停止してしまっているのだと思います。

第一、「暴走族」の定義って何ですかね?

多分、日本は「レッテル思考」の人間が増えてしまったんでしょう。

レッテル思考の人は、物事を深く考えません。理解しようとしません。議論なんか当然しません。

レッテル一辺倒だから議論にならないんですよね。

あ、「お前はレッテル思考だ!」って決めつけるのもレッテルなんでしょうね(笑)



残念ながら、こんなレッテルが横行している日本では、モータースポーツへの意識が変わるのは、

難しいことなのかもしれません。

でも、今、情報があふれている中で、今までマスメディアで報道されなければ分からなかった事も、

ネットを通じて分かったりするようになって来ました。

今後、少しずつ、今の若い世代が、粘り強くこの状況を変えて行く事が出来ればと思います。

筆者は今まで通り、モータースポーツを楽しみ、その楽しさを伝えて行ければと思っています。


また、筆者は社会貢献などに対して、大きな事をやる力はありませんが、

少なくとも、モータースポーツの社会的地位を向上させようと頑張っておられる方々の足を、

引っ張るような行動だけはしないでおこうと思います。




さて、レッテルついでにもう一つ。


アメリカに来て凄く感じるのは、国旗、国歌へのリスペクト、国に対する愛着です。

以前カートレースを見に行ったとき、レースの始まる前に国歌斉唱と国旗の掲揚がありました。

インディ500とかじゃないんです。ローカルなカートレースで、ですよ。正直驚きました。


カートに誘ってくれた同僚が筆者に言いました。

「アメリカの国旗と国歌をリスペクトしてくれるかい?」



国旗と国歌をリスペクトするのは世界の常識です。

その国がいかに先人の血を流して独立したかを知り、だからこそ先人に敬意を払い尊敬する、

そして、独立国としての誇りを持ち、世界の国々と対等に話をする。

自らの国の伝統や風土、先端技術やスポーツ選手を誇る。

まあこれらは、世界ではごくごく当たり前の事です。

ありがたい事に、忍者や相撲、寿司、イチローなど、こちらでも会話における日本ネタは困りません。

筆者は日本の事好きですし、誇りを持ってます。

だからこそ、国旗も国歌もリスペクトします。

我々の先祖が今に至る日本の歴史を作ってくれ、海外に渡った先人が日本人への信頼感を築いてくれた。

だからこそ筆者がアメリカで受け入れてもらって、仕事や遊びができる。

その事にいつも感謝しています。

だからこそ、あまり後ろ指を指されるような事は出来ません。

日本人全体の評価を下げますからね。



こんな事を書くと、こんな事を言われるかもしれませんね。


「筆者、日本が好きです。君が代も歌うし国旗もリスペクトします」=右翼、ネトウヨ


これもレッテルですよね。


「何故、今、我々は日本人として居られるのか」

「国旗や国歌、そもそも国家ってどういうものなのか」


について深く考え、それを元に行動する、そんな人達がもっと増えれば良いな、と思います。



「このアメリカかぶれ!」と言われるかもしれません。



はい、これもレッテルです。



大体アメリカかぶれの定義って何でしょうね。


今後も、こっちの良いものは取り入れ、日本の良い所も再確認しつつ頑張りたいと思います。



アメリカの独立記念日に際し、柄にでも無いことを書きました。



明日からは、再び平常運転の「程よいおちゃらけ感」で行きたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する