スラング講座受講中

アメリカ人の日常会話はスラングばっかりです。

筆者の周りの連中がガラ悪いのかもしれませんが・・・

最近は職場の同僚からスラングばかり教えられています。

でも、スラングを覚えないと、連中が何言っているのかさっぱりわかりません。





はい、もちろんこれくらいは筆者にも分かるよバカヤロウ。



と言う事で、あなたもすぐに使えるスラング講座。

ご利用は自己責任で・・・



Mean・・・意地悪、陰険。

You are meanって感じです。


Bullshit・・・直訳すると牛糞です(笑)くそっ!とかチクショウ!とかそんな感じでしょうか。

みんな良く使ってます(笑)言葉使い悪すぎです。


Suck・・・使えない奴、ダメな奴、最低な奴。

You are suckって感じです。一応親しい仲なら使ってもOKっぽいです。
日常的に出てきます。すでに筆者の中の感覚が麻痺してます。

初対面の人や目上の人に言うのはやめましょう(笑)


Jerk・・・いやな奴、くそ野郎

You are jerkとかですね。結構危ない感じですが、若干上品な感じ(笑)


retard・・・バカ野郎

本来は遅いとか遅れるっていう意味ですが、人に対しても使えます。


Asshole・・・くそ野郎

尻の穴ですからね・・・かなり汚く罵る感じですね。


これらにFuckingを付けると、VeryとかSoとか、最上級の強調効果を果たします。
非常にまずい感じです。

You are fucking assholeとか人に言ったら、最悪撃たれますね(笑)


あ、でもめっちゃくちゃかっこよくてイカしてる(死語ですね)時も、Fuckingが使えるようです。

You are fucking cool!とか。

今日はクソ暑いぜ・・・なんて強調したい時でもイケるようです。


ああ、何て便利な言葉。



魔法の言葉、Fucking。



楽しい仲間が、ポポポポーン。



ともだちが増えると良いですね。



ちなみに、F〇ck youは本当にやばいようなので冗談でも止めたほうが良いと思われます(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する