初心

先日、筆者のコドラをやってくれていたY氏に、久しぶりにメールを送りました。

ブログも見てくれていたらしく、先日の記事に指摘が入りました。

彼を口説き落とした言葉は、

「全日本ラリーで優勝しよう」

ではなく、

「WRCに出よう」

だったという事です。

全日本ラリーでの優勝、チャンピオン獲得は通過点だ、なんてほざいてたようです(笑)




そう言えば、筆者のラリーの原点は、昔NHK-BSで見た、

「ヨーロッパの山道を、鈴なりのギャラリーの中、ドリフトで駆け抜けるラリーカー」

でした。

昔は、日本メーカーがワークスでWRCに出てて、日本で頑張って実績を挙げれば、

何時かはワークスドライバーになって世界に出られる、なんて思ってました。

しかし残念ながら、日本のメーカーはWRCワークス参戦を止めてしまいました。

WRCラリージャパンも開催されなくなりました。

今、WRCに出るにはどうしたら良いか・・・

それは、自分で世界に出ていくしかなくなりました。


「じゃあ、世界のラリーって、世界のスタンダードって、どうなっているのか?」


全日本ラリーに集中してきた筆者には、全く知識がありませんでした。

世界に出て走るための、ドライバーとしての知識が何一つなかったんです。

だから今、苦労しています。

ドライバーに求められる要素は、速さだけではありません。

交渉力、語学力、資金力・・・これらも立派なドライバーとしての能力の一部です。

昔、F1ドライバーの井上隆智穂が言ってましたよね。

「自分が示したように、資金力と交渉力があれば、F1ドライバーになれる」って。



今、アメリカに来て、改めて思うことは、

日本では、素晴らしい仲間と素晴らしいチーム、多くのスポンサー様、多くのよきライバル、

応援して頂いた多くの方々に支えられ、恵まれた環境でラリーをやらせて頂いていた事です。

だって、アメリカには、筆者が走るための環境なんて、何にもないのですから。

全部、0から作り上げなければなりません。

あまりにも何も知らな過ぎて、甘く考えてましたね。

突然全日本ラリーを終えることになって、気持ちの整理もなかなかつかなかったですし。

とりあえず海外行けば、海外のラリー出れるだろう、てなレベルでしたから。



ちょっと話が脱線しましたが・・・

初心に戻って、WRC、とりわけ世界のラリーの中心である欧州を目指すにはどうしたらいいか、

を考えると、

今は、アメリカで、0からのスタートにはなりますが、地道に顔を売って、

自分を知ってもらって、英語も勉強して・・・で、アメリカでしか出来ない事をやる。

これが、今後自分で道を切り開くための第一歩だと思います。

やっと最近気持ちの整理がついたんですよね。

初心を思い出しながら。

「アメリカで出来れば、その他の国でも出来るでしょ」・・・筆者の尊敬する先輩の言葉です。



もちろん日本でやった事は無駄じゃなかったですよ。

JN-3クラスのナショナルチャンピオンの肩書はかなり有効です。

自己紹介も簡単です(笑)




というわけで、初心を忘れるべからず、というお話でした。


もうちょっと時間かかるかもしれませんが、やりますよ。。。



CIMG0475.jpg

まだ初心を忘れてなかった頃:2005年。

全日本ラリーデビュー戦、ツールド九州終了後(クラス17位で完走)の写真。

アールエスタケダ武田社長、コドラのY氏と。


3人ともいい笑顔です。

スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する