ダンパーテスト

モーターランド鈴鹿にて、ダンパーのテストを行いました。

まず、ハイパコスプリングの感想。


しっとりとしたスイフト


って感じ。
スイフト社製スプリングと特性が似ている為これはある程度想像できた。
ただ、スイフト製よりもしっとりしていて、ドライバーの操作に対し忠実というか、そんな感じ。
ダンパーの動きを阻害せず、よってダンパーの減衰特性が非常にわかりやすい。
路面のインフォメーションも豊富。

一番変化したのは、ギャップ走破性。
縁石など、「それが何か?」って感じでいなしていく。


今回はタイヤが磨耗している状態だったので今後再テストをする必要があるが、「操作に対し忠実」「インフォメーション豊富」「ギャップ走破性良い」はラリーに必須。

今後の方向性は、ギャップ走破性を確保しつつ、前後の減衰力バランスと車高をテストして、煮詰めて行く事とします。


最後に、アールエスタケダ武田社長はじめオフィシャル、参加者の皆様お疲れ様でした。
また、テストの時間を頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する