スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rally America参戦への道 その3 車の引き取り

アメリカで使うラリーカーの売買契約と引取りのため、再度ノースカロライナに行って来ました。

行きは飛行機で、帰りはトラックに車を積んで帰ってくる計画です。



朝7:27発のインディアナポリス発、アトランタで乗り換えローリーに11:47着、のはずでした。



朝5:45くらいにチェックインすると、チェックインカウンターのおっちゃんが何か言ってます。

・・・お前の飛行機はもっと後だ?

予約の紙を確認すると、

IMG_2118.jpg


(ノ*゚ロ゚)ノ オォオォオォオォ-



AMとPMを間違えたぁぁふぐおおおおおあべしぃぃ・・・


おっちゃんが替えてくれたチケットは、AM6:30発。

って、今6時なんですけど。

IMG_2117.jpg



ダッシュで手荷物検査へ・・・だめだ、並んでる。


「ヒュトシイー、ミュレイシー」


ああ、めっちゃ放送で呼び出されてるし。


6時20分に手荷物検査を終え、ダッシュするも、LCCなのでゲートが嫌がらせのように遠い。



・・・間に合いませんでした。



昼までにローリーに行けないと、全ての予定がお釈迦になります。

同じ航空会社は、PM7:27発の飛行機しかないとのこと。

仕方ないので、他の航空会社にローリーまで行けるチケットが無いか、片っ端から聞きまくります。

結果、US AIRWAYSに代わりが見つかり、シャーロット経由でローリーに12時10分に着けることに。

奇跡ですわ。

US AIRWAYSありがとう。この恩は忘れないよ・・・


しかしアホだ。アホすぎる。ホームラン級のアホだ。。。ブライアントの天井直撃弾だ。。。


皆様、エアチケットの時刻、AMとPMはよーく確認することをお勧めします。





シャーロット経由、ローリー/ダーラム国際空港へ定刻通り到着。

売主のSimonがインプレッサでピックアップしてくれました。

IMG_2123.jpg IMG_2124.jpg  IMG_2125.jpg





レンタカー(トラックとトーイングカーキャリア)を受け取りに行きます。

今回購入したラリーカーは、登録が終わっていないので自走できないんです。

自分たちでトラックとキャリアをドッキングします。

Simonに運転の仕方のレクチャーを受け、彼の自宅に向かいます。

IMG_2126.jpg  IMG_2127.jpg





右がSimonで、この車の元ドライバー。左がその息子さんのKieranです。

Kieranは2月末の「Rally In The 100 Acre Wood」で、

筆者のコドライバーを務めてくれる事になっています。

車のネームサインをSimonが変えておいてくれました。Simonありがとう!

IMG_2130.jpg  IMG_2137.jpg






積み込みをし、売買契約を交わし書類にサインし、お茶を頂き(笑)

ちょっと次回のラリーについての打ち合わせと、HANSの装用感を確認させて貰って、

インディにむけて出発したのがPM5:00過ぎ。

IMG_2132.jpg  IMG_2133.jpg  IMG_2136.jpg

そこからはひたすら孤独と眠気と不安との戦いです。

しかも、トレーラーを牽引したことなんか今までありません。

非常に気を遣います。

何かトラブルがあったら一体どうなるんでしょうか・・・想像が出来ません。







夜通し走り続けて、インディアナのグリーンズバーグに朝の5:30に到着。

ちょっと仮眠して、来週の登録に向けて車を一旦友人に預かって貰います。

その後、インディアナポリス郊外の自宅まで行き、荷物を全部降ろし、

ノーブルスビルのBudgetレンタカーにトラックを返却し、Indyの空港に自分の車を取りに行き、

で、やっと先ほど帰ってきました。

IMG_2138.jpg




日本では全日本ラリーに行くときは、大体積載トラック(ローダー)使って、夜通し走っていました。

そんな事を6年もやっていたからこそ、アメリカでも何とかなったのかなー。



第一関門は無事?クリア。


とりあえず今日は休みます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。