FC2ブログ

LSPR総括(番外編)とインカー映像

LSPRの総括、番外編です。


・ラリーの行き帰りについて

インディアナポリスからホートンまで、シカゴ~ミルウォーキー~グリーンべイ・・・と抜けて、

片道で約11時間掛かります。

その間は、Simon、Kieran、そして私の3人。

当然ながら会話は全部英語。

最初は久しぶりに会ったので会話が弾みますが、そう長く続きません。

というか、英語でずっと会話していると、ヘトヘトに疲れます。

特にSimonはイギリス人らしくジョーク(と皮肉)が好きで、筆者にとっておきを披露してくれますが、

筆者には何が面白いのかさっぱりわかりません。

どういう意味?とか、何が面白いの?って聞くと彼は不機嫌になります・・・


会話を少しでも弾ませようと思って、どんなスポーツが好きなの?って聞くと、


「俺はラリー以外興味ない」


アメリカで一番有名な日本人はだれ?って聞くと、


「日本人で有名な奴はいない」


・・・ふう、終了。


なかなか一筋縄ではいかないオヤジです。


ちなみに、Kieranは今回も、一番有名な日本人は「Guy Kawasaki!」って元気良く答えました。

だから、誰だよそれ・・・(前も書きましたが、川崎重工の創始者、らしいです)


あ、そういやKennyに聞くの忘れてた。


ラリーする前から疲れました。



・Michigan Tech

ホートンは、地図で見ても分かる通り、すっごい田舎にあります。

そんな田舎に、結構大きな大学がありました。

ミシガン工科大学、Michigan Techです。

Kennyはそこの学生で、今回Simonの誘いで我々のチームに参加してくれました。

若いのに、結構経験豊富らしく、他チームのクルーも何度も務めているらしい。

WRCラリーメキシコにも行って、トヨタのトラックのブレーキパッドをインプレッサに装着する為、

切って削って作ったよ!っていう武勇伝と写真を見せてくれました。

(スペアのブレーキパッドを持って行かなかったらしい・・・まずそれがダメやろ、と思うのですが)

風貌もとても学生には見えません。将来は優秀なメカニックになる事でしょう。

あと、Michigan Techの学生は、大勢ラリーのオフィシャルに動員されていました。

学生がラリーに協力するのは、日本でもアメリカでも同じなんですね。



・ラリー中の食事

行き帰りはサブウェイ。

一度食べれば向こう1年位は食べなくてもOK、そんな感じの味です。

いや、まずいわけじゃないんですが、当分いらない。

現地では、アメ食1回と中華1回。(この中華が一番良かった)


ラリー中は、


Day1:カップ麺・・・だったのですが、ポットを忘れ、サービスパークにあった小屋の、

電子レンジを借りてお湯を沸かし(ぬるい)それで無理やり食べました。


Day2:ピザとシリアルバー



殆どまともなものを食べてません。

そのせいか、ラリーから帰ってきて、みんなに「痩せたね」って言われます。

正確には、「やつれた」だと思います。

こういった所も、戦いです。



・牽引

SS3終了後、サービスに戻ろうとすると、1台のラリー車(BMW)が止まってました。

どうやらオルタネーターのベルトが切れて、動けなくなっているようでした。

(バッテリーの残量分は動けますが・・・)

すると、コドラのKieran、その車のそばに停止するよう筆者に指示。


「Tow!」


・・・なに?

引っ張るの?ってか、良いの?



そんな事を考えながらも、ラリー中の筆者は全てKieranの言いなりですので(笑)

サービスパークまで牽引しました。


「日本でこれやったらダメだったはずだから、筆者には信じられなかった」

って彼に言ったら、めっちゃ驚いてました。


こっちでは、ラリーは助け合ってやる物で、工具や部品の貸し借りはもちろん、困っている人がいれば、

助けるのが当たり前だ、的な事を言ってました。


まあ、それは日本でもそうですが、まさかラリー競技中の牽引OKとは。


今回一番驚いた事かもしれません。



・スペリオル湖

スペリオル湖から上る朝日、沈む夕日。

山々の紅葉。

とても綺麗です。

ラリーでもなければ来ることも無かったでしょう。

思えば遠くに来たもんだ・・・海援隊の歌が頭の中に流れます。

ちなみに、ホテルはリバーサイドでした。

81_original.jpg

良い経験をさせて貰っているなあ・・・と思います。



・インカー映像

SS15 Baraga Plain 2と、SS17 Herman 2をアップしました。

Rally Americaのコースをご覧いただければと思います。

ちなみに、音声がもの凄く小さいです。

最大ボリュームだとかすかにエンジン音が聞こえます・・・(泣)








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する