スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス ラリーの旅Day3

IMG_0269_20140529065433a0f.jpg
イギリス ラリーの旅Day3です。


本日も、まずファクトリー訪問から。

アバディーンから車で1時間程度南にあるPerth(パース)にある、
G&M Mechanical Serviceに行きます。
Rest and Be Thanksfulで会ったJohnさんとScottさんに再会です。
何か懐かしい車が玄関先に置いてありました。
IMG_0273.jpg IMG_0272.jpg



シビックタイプR(FN2)のラリーカーが整備中でした。
かっこいい・・・
IMG_0275.jpg IMG_0278_20140529065504921.jpg

IMG_0281.jpg IMG_0283.jpg


EP3シビックタイプRも3台ほど置いてありました。
その1台を、グラベルロードでちょっと試乗させて頂く事が出来ました!
IMG_0297_201405290657298ef.jpg IMG_0296_201405290657239f3.jpg

近くの牧場に連れていってもらい、牧場の中の道(グラベル)を走らせて頂きました。
テストじゃなく試乗、なので遠慮しつつ、それでもそれなりにはアクセル踏ませて頂きました。
ドグミッションが装着されていて、ギアレシオはとてもクロスしていて非常に爽快でした。
EP3も良いですね!
IMG_0299.jpg IMG_0294_20140529065712275.jpg


その後 「車を洗ってけよ」 という冗談なのか本気なのか分からない事を言われつつ(笑)
G&Mを後にします。



次は、更に南下し、エジンバラの南にある「Duns」という町に向かいます。


来週開催される、British Rally Championshipのイベント、
「Jim Clark Rally」
のコースをレンタカーで試走します。 路面はターマックです。
IMG_0321.jpg IMG_0315.jpg

IMG_0318_20140529070132a3e.jpg IMG_0322.jpg


今まで走ってきたターマックラリーの概念が覆りました。
路面はラフでデコボコ、もの凄くハイスピードで、でも道は狭く、インカットにジャンプ。
道路は砂とか泥だらけ・・・ハードです。
車とクルーの能力が高いレベルで試される、そんなステージです。
IMG_0325.jpg IMG_0340.jpg



その後は、Jim Clarkのステージの近くにあるDonさんのファクトリーを訪問しましたが、
Donさんのスコティッシュ訛り?がきつくて、殆ど会話が成立せず(笑)
Leslieですら、彼の言葉は分かりづらいと言うレベル・・・筆者はどうする事も出来ません。
このファクトリーはWRCにも参戦している、非常に有名なファクトリーだそうです。
IMG_0345.jpg IMG_0346_20140529070410492.jpg

IMG_0347.jpg IMG_0348_201405290707084a5.jpg



次は、エジンバラ市内にあるGeorgeさんのファクトリーを訪問(Leslieの自動車部の先輩)
スコットランド最速らしい、シビックタイプR(EP3)を見せて貰いました。
IMG_0354.jpg IMG_0350.jpg

IMG_0351.jpg IMG_0355_20140529070923b89.jpg


最後に、エジンバラ市内をちょっと観光して、空港の傍のホテルに宿泊。
これで、Day3は終了です。
P5274278.jpg

本日も朝から晩まで動きっぱなしです。さながらラリーのようでした。

お疲れさまでした。
スポンサーサイト
コメント

No title

Jim Clark Rally のコースへ行ったのですね。
本番を是非見て欲しかったです。
舗装ですが皆ガードをつけ、火花を散らし激走です。

Jim Clark Rally

こんにちは。コメントありがとうございます。
1週間違いで本番を見ることが出来ませんでしたが、実際レンタカーで走ってみて、コースのハードさはよく分かりました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。