スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ南部の旅 その2

旅行2日目。

ミズーリ州メンフィスから、ルイジアナ州ニューオーリンズを目指して南下します。

ミシシッピ州に入ったあたりから、かなり暖かくなり、上着がいらなくなりました。
走る事6時間半、ニューオーリンズに到着しました。
ニューオーリンズはずっと行ってみたかった場所で、ようやく来ることが出来ました。

夕食は当然シーフードです。
明日もたっぷり予定があるのですが、そんな事はさておき生カキを食べます。
当たったら、それはもう運命。受け入れるしかありません。
ニューオーリンズはカキが安く、1ダース食べても14ドル。インディアナだと3倍近くします。
家族の中で誰も生カキを食べないので、独り占めです。
042 - コピー

至福の時。



食後は散歩してホテルに戻ります。
フレンチクウォーターの中を歩きましたが、やたらと賑わってます。
特にバーボンストリートは、片手にビール、片手にタバコをもった酔っ払いがたくさん歩いてます。
公の場での飲酒喫煙に非常に厳しいアメリカではあまり見ない風景です。
ニューオーリンズがアメリカ人に人気の観光地である理由がわかる気がします。

048 - コピー 051 - コピー

056 - コピー


翌日は、有名なカフェ・デュモンドで朝食をとりました。
ベニエという砂糖まぶし揚げドーナツのようなものが名物なのですが、これが旨かった!
8つも食べてしまった・・・すさまじいカロリーを摂取した事でしょう。
062 - コピー 060 - コピー

ホテルをチェックアウトして、ちょっとスーパーで水とかお菓子とか酒とかの買い出しをしたのち、
ニューオーリンズ港に向かいます。
今回の旅のメインである、船に乗船します。

筆者は、本当はクルーズはあまり乗り気ではありませんでした。
広いとはいえ所詮船、狭い中に何日も閉じ込められるのは嫌だった。

船なんて北海道にラリー行く時、新日本海フェリーに何度も乗ったので、退屈さは既に知ってます。
新日本海フェリーはたかだか1日ですが、今回は5泊もせにゃならん。

イヤだイヤだと散々ゴネましたが、連れ合いが、お前そんなにクルーズ好きだったっけ?
って言う位、まだ見ぬクルーズに幻想を抱いており、アイラブクルーズ状態。
トムクルーズも日本ハムのクルーズもみんな大好き、と言わんばかりのクルーズLove状態で手におえず。
子供まですっかりその気にさせられ、家族全員(筆者除く)アイラブクルーズ状態。

と言う事で、家族の中で一人、モチベーションが低い状態で、出航の約3時間半前に乗船手続へ。

車を駐車場に入れて、乗船の前に大きな荷物を預けて(ポーターが荷物を載せてくれるサービスがあります)乗船手続開始。
飛行機に乗るのと同じくらいの厳しいセキュリティチェックがあります。
ああめんどくせ。

やっと乗船カウンターで手続きが始まったっと思ったら、

「I-129を出せ」

との事。
I-129とは、駐在員である事(移民ではない事)を示す証明書。
家に置いてきたけど、そんなもの今まで入国、出国で見せろって言われた事無いんですけど。
係のオバハン曰く、見せられなければお前は船には乗れない、でも家族は乗れる、とか・・・
なんじゃそれ。

仕方ないので、携帯で移民局の電話番号調べて電話するも、音声ガイドがクソの役にも立たず。
オペレータにも繋がらない。
会社も休みで証明書のコピーも貰えない。
さあ困った。
散々、今までそんな事言われた事無いし、と船会社の係に説明するが、全く融通効かず。


子供が、「船に乗れないの?」ってめっちゃ悲しそうな声で聞いてくる。
すまん息子よ、パパのせいで乗れないんだよ・・・ハハハ


出航が16時、この時すでに15時半。
諦めて、船に乗せてしまった荷物を降ろす算段を取ってもらうことにしました。


と、そこに、係のオバハンよりワンランク格上っぽい、責任者らしき恰幅の良いオバハン登場。

I am sorry...とお悔やみを言いに来たようです。
ダメもとで再度パスポートとビザを見せて説明すると、

「ちょっと待って、イミグレのオフィサーに聞いてくるわ」と、パスポートを持ってどこかへ消えました。

数分後、


「OK、乗っていいよ」


ハハハ、なんじゃそれ。

担当が変われば言う事が変わる。はい、これはアメリカの日常。
もう驚きもしませんね。

1000人以上が乗るクルーズ船最後の乗客として、出航5分前に乗船しました。
と言う事で、乗船前のありがちな、船をバックにパチリ、の写真はありません。


もうこの時点でテンションだだ下がりです。
乗船してはしゃぐ家族の中で一人、すさまじい負のオーラを出してました。

乗船して、非常時のオリエンテーションを受けた後は、一人甲板で佇んでました。
ニューオーリンズを出航して、ミシシッピ川を下ります。
とりあえず船の先っちょでタイタニックをやっときます。
072 - コピー 073 - コピー


部屋はこんな感じ。
子供大喜びの2段ベッド。
079 - コピー 082 - コピー


食事して、持ち込んだ酒飲んで、ふてくされて寝ました。


クルーズ2日目以降に続く・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。