FC2ブログ

アメリカでのラリー振り返り

現在、今期のラリー参戦についての詰めの交渉をしています。
今年の参戦にあたって色んな人たちにプレゼンをしています。
過去の歴史を振り返って、自分がどういった経緯を辿って今に至っているか、説明しています。

うまくいくと信じています。


以前、アメリカに赴任してからラリー参戦に至るまでの経緯を、プレイドライブさんに掲載頂きました。

プレイドライブとは、合同会社サンクさん発行のモータースポーツ雑誌です。
2013年5月号に3ページ分載っています。記事は筆者が書いています。
まだ見ていない方はバックナンバーをぜひ買ってください。
003 (2)


プレゼンでは、自分はどういう人間なのか、どういった経歴を持っているのか、何をしたいのかを相手に分かって貰わなければなりません。ですので、過去を振り返りながらまとめ資料を作っています。
今日は、紙面の関係で雑誌に書けなかったことも含めて、もう一度アメリカでラリーに参戦するまでの経緯を振り返る記事を書きたいと思います。そういう気分なので(笑)


2011年4月にアメリカ赴任して、半年くらいはこちらでの生活基盤固めに専念していました。
2011年終わり位から少しづつ準備を始めて、2013年に全米ラリー選手権(ラリーアメリカ)に参戦開始することができました。

駐在に行く前は、色んな人に、「アメリカってラリーやってるの?」って言われた事を思い出します。
現に、日本ではほぼアメリカのラリー情報はゼロでした。
ネット検索しても殆どヒットしない、そんな状態から始まりました。
こちらに来て、誰も知り合いも友達もいない中、少しずつ手がかりをつかんで行って、色んな人にメール送って・・・で、メール返信してくれない人もいっぱいいましたが・・・そんな中で何人かのラリーストとコンタクトが取れて、色々教えて貰いました。
手がかりを求めて、インディカーのイベントにも行ったりしましたね。
IMG_0650.jpg


絶対的な英語力の不足も痛感しました。
でも、誰も助けてくれる人はいません。
自分がコンタクトを取って、自分で調べて、環境を整えていくしかありませんでした。
語学力を伸ばしたい、英語を覚えたいという皆様、近道はありませんよ。
英語はすぐに出来るようにはなりません。日々の努力あるのみです。


どこでラリーが行われているかを調べて・・・
どんなラリーでどんなルールかを調べて・・・


これに約半年くらい掛かりましたかね。
仕事も含めて、英文をひたすら読んで、ひたすら英語のメールを書いていたので、今では英語のメールを読むのも書くのも大分早くなりました。



で、やっと次に、車をどうするか考えました。
調べた結果、松・竹・梅プランがある事が分かりました。

松・・・ラリーカーを借りて走る。

アメリカのメイン州にチームオニールモータースポーツという、フォードフィエスタR2をアメリカで走らせている会社があります。そこにメールを送って、マネージャーのマーチンを紹介してもらって、フィエスタR2を借りる交渉をしました。
提示されたのは、ラリーアメリカ参戦1戦あたり当時のレートで約150万円。
もちろん、フィエスタR2は欧州のラリーでも非常に多く走っていて戦闘力のある車なので、一度乗ってみたいし魅力的なオファーではあるものの、チームの場所も家から遠く離れているし、練習もできないし、お金も掛かるしで、最初のステップとしてはちょっと無理があったので断念。

http://teamoneil.com/

竹・・・ラリー車を作って走る

ベースとなる車を買ってきて、ラリー装備を付ける。
ただ、時間的な問題もあり、自分で出来ない作業などを誰が請け負ってくれるのかわからず、日本のようにショップさんにお任せ、という事も出来ず(そんなショップがアメリカにあるのかすら分からず)実現可能性が不透明のため却下。

梅・・・中古ラリー車を買って走る

日本でもそうですが、最初は中古ラリー車を買って走るのが一番現実的という判断で、梅プランをチョイスしました。


で、中古ラリー車情報サイトを探し続けて半年くらい?
1台の中古車を見かけ、その中古車のオーナーの戦歴や、車載映像を見ました。
アメリカラリー界の「梅宮辰夫」こと、Simon Wright氏との出会いです。

彼とのメールでのやり取りが始まり、一度実車を見て、試乗させて欲しいとお願いし、2012年の11月にノースカロライナ州ローリーまで車で片道11時間掛けて一人で行き、試乗をして・・・で、このチャンスを逃すとまた当分ラリー出場が遠のくと思い、半ばエイヤーで車を買う決心をして(笑)

2013年1月に、車の引き取りに再度ノースカロライナまで一人で行って、売買契約をして、ラリー車をけん引キャリアに乗せてピックアップしてきました。この時けん引車を初めて運転しました。今思えばめっちゃリスキーなことやってます(笑)
IMG_2136.jpg

その後、任意保険を契約して、集めた書類やSimonから受け継いだ書類を持って、引き取りから1週間後に最寄りのBMV
(日本でいう免許センターみたいな所)に車を持ち込んで、正式に車両登録し、ラリー車が遂に私のものになりました。

次にコドライバーを決めて、参戦イベントを決めて、サービスメカニックを集める作業です。

まずはコドライバー。
当然アメリカにコドラの知り合いなんかいませんでした。日本から呼ぼうかともちょっと思いましたが、ドラ、コドラ両方がラリーアメリカ初心者じゃあ、ラリーにならんなあ、という事で断念。
たまたまSimonの息子がコドライバーもやっているとのことだったので、もう即決です。即交渉。
私のアメリカでのファーストコドライバー、Kieranとの出会いですね。
Kieran、最初はかなり?ちょっと?タカビーな感じでした(笑)
お前ラリー出来んの?みたいな。
最初は乗ってやるからお金払えって言われました。後から、やっぱり要らないって言ってきましたけど。
まあ、仕方が無いですよね。いくら日本の実績があると言っても、アメリカでの実績はゼロ。
ルーキーからのスタートですから。
日本人メジャーリーガーだって、MLB来たらルーキー扱い。インディカーもそう。仕方ない。
IMG_2130.jpg


コドライバーの次はサービスを決めないといけません。
会社の元同僚、Chris Davisと話をして、何とか話を付けてきてくれることになりました。
ちなみに彼はラリーメカなんてやった事ありません。ラリーのラの字も知りません。
ラリーとは、から説明しなければならず大変でした。

出場イベントは、Rally America 2013の第2戦「Rally In The 100 Acre Wood」に決めました。

イベントが決まったら、次はエントリーをして、 ライセンスを取ることが必要。
が、筆者のFIA国際C級ライセンスだけじゃダメなようで、Rally Americaに出場する為のライセンスを取得する必要がありました。どうやったら貰えるの、と聞くと、自分の今までの日本での実績を纏めてラリーアメリカ事務局に送付して電話しろ、との事・・・
エクセルにイベント日時とラリー名、出走台数、SS距離と結果を纏めて、ライセンス発給経費を添えて、ライセンス発行を申し込みました。 結構な手間でした。
数週間後に、ライセンスが無事発給されたとの連絡がありました。
エントリーはラリーアメリカのホームページから申しこむようになっていて、全部英語なのでこれもまたちょっと大変。
Kieranに(メールで)教えて貰いながらやりました。


ここまで来るのに、さらに数か月掛かりましたかね・・・


次にラリー前の車の準備をして、足らない工具は買ってきて、でも工具が何処に売っているかわからんからまた聞いて、
問題がある箇所、調整が必要な個所を洗い出して、で、部品が必要ってなっても何処で売っているかわからんのでまた聞いて・・・ ひゃー、めんどくせー。


その次は、自分で車をメンテするのですが、何せフォード車なんて弄った事ありません。
よってサービスマニュアルが頼りです。サービスマニュアルはSimonから貰ったのですが、当然ながら全て英語で書かれています。 しかもトルクやオイルの量など、単位がSI単位では無く、アメリカ独自の単位(クォートとか、ポンドとか・・・)で書かれています。 それらをいちいち解読せねばなりませんでした。
なんでアメリカってこんな単位使ってるんですかね・・・

SimonやKieranは遠くに住んでいるので、不明な点を聞く事は出来ますが、何かを頼むのは無理です。
サービスのChrisも車で約1時間離れた所に住んでいますので、どうしても一人でやらなければなりません。
IMG_2147.jpg


そんな感じで少しづつやってきて、やっと本番です。
全米ラリー選手権は200㎞を超える距離のSSを走るのですが、準備の大変さに比べたら、ラリーを走るのなんて全然楽。


2013年にKieranと2回出て、2014年はKieranの代わりにBenと1回出ました。
2014年はもうちょっとうまくやりたかったんですけど、力が足らずに不本意な体制でしか出来ませんでした。
IMG_0736 - コピー


今まで一人で頑張ってやってきて、少しずつ協力してくれる人が増えてきて、今年はさらに多くの人を巻き込んで出来たらと思っています。

また、今まで変な気負いがありました。
俺は日本での選手権保持者だから、恥ずかしい走りは出来ない、結果を出したい・・・みたいな感じです。
それを思う事自体は悪くないと思うのですが、現実と理想のギャップが激しくて、ラリーに出ても心の底から楽しめなかったりしました。
今年は原点に戻って、まずは楽しむことを第一に、その上で結果を求めていくスタンスでやれたらと思います。
海外でラリーするのってそれだけで大変。ましてや優勝なんて快挙もいい所です。
それだけ大変な事をやっているという事を念頭に置いて、肩の力をちょっと抜いて、今年のラリーに挑もうと思っています。


いずれにしても、今年の計画は大詰めです。
自分の考えた事通りに事が進むよう、あとひと踏ん張り頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する