スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリーアメリカ2015 Ojibwe Forest Rally まとめ

2位表彰台を獲得することが出来た、Ojibwe Forest Rally。
全体を振り返ります。


我々は8月28日金曜日の午後3時に車をパルクエクスポーズに入れました。
アメリカのラリーファンに車をお披露目。
IMG_1582-1.jpg IMG_1587-1.jpg

Team Honda Manufacturing of Indianaで記念撮影。
026.jpg

トラビス・パストラーナ選手がインタビューを受けています。
IMG_1591-1.jpg


我々は午後5時くらいにスタート。
60マイル位のリエゾンをこなし、リフューエル後にSS1に移動。
IMG_1600-1.jpg


-----------------------------
SS1 Crossroad 10.38 mile
SS2 Steamboat 12.96 mile
SS3 Akeley Cutoff 9.19 mile

Akeley Service Park 35 min

SS4 Crossroads 10.38 mile
SS5 Refuge 12.96 mile
SS6 Ingress 10.67 mile
-----------------------------

Day1は以上のようなアイテナリーになっていました。
SS4~6はナイトステージです。

事前テストが出来なかったので、SS1は無難にこなします。
SS2でちょっとだけペースを上げてみます。
車の動きは思いのほか素直で乗りやすい。ブレーキの効き、バランスも良いしサスペンションの感じも良い。
ただエンジンの中速トルクが無くて6500rpm以上の高回転域しか使えない感じです。

ペースを掴みかけた矢先のSS3でトラブル発生。
暗かったのでテストも兼ねて点灯させようとしたLED補助灯が点灯しない。
また、SS走行中スピードメーターが動かなくなり、エンジンが5500rpm以上回らなくなりました。
そのあと、車速信号が来ないために電動パワーステアリングがフェールセーフモードに入りパワステが効かなくなり、さらにエンジンチェックランプも点灯。
SS3はその状態で乗り切り、サービスに状況を伝え修復開始。
トラブルは予想通りで、ミッションの車速カプラーが振動で外れていました。
補助灯は電線の断線。サービスクルーが2つとも治してくれました。
IMG_1603-1.jpg IMG_1609-1.jpg IMG_1605-1.jpg


SS4から6はSS1から3のリピートステージ。
走行二回目という事で、ところどころ路面が荒れて岩が地面から頭を出していました。
SS5走行中に車がまっすぐ走らなくなり、サスペンションが上下に動くと右フロントからゴトゴトという異音発生。
SS5とSS6のインターバルは短いので、SS6はちょっとペースを落として走行。
何とかゴールできたので、そんなに深刻なトラブルではない・・・と思っていましたが・・・

車から降りて外から車をチェックすると・・・ありえないくらいネガティブキャンバーが付いています。
これは、バネが折れたかダンパーか、いずれにしても深刻なトラブルが予想できました。
Day1はこれで終わったので、車にダメージを与えないように慎重に移動し、デトロイトレイクスに戻ります。
ラリーアメリカはDay1、Day2間の車両保管(パルクフェルメ)がありません。
よって、明日の朝までに修復できればOK。
11895999_10206498682198461_300860578547025352_n.jpg 11933433_10206498682558470_3765182056393683067_n.jpg

ダンパーのロッドが折れていました。
車はサービスクルーに任せ、ドライバーとコドライバーはホテルに戻って就寝。


翌Day2の朝、車は走れる状態になっていました。
ノーマルダンパーといえどスペアを持ってきていたお蔭で、フロントダンパー左右交換とアライメント調整で事無きを得ました。
他の部分へのダメージも無く、運が良かったと言えます。
朝方まで車の修復にあたってくれたサービスクルーに感謝。

Day2のパルクエクスポーズである、デトロイトレイクスのパビリオン横駐車場に車を入れます。
IMG_1624-1.jpg

2WDクラスDay1トップのキャメロン・スティーリー選手のフォードフィエスタSTターボ。
チームオニールが製作した車両です。
IMG_1618-1.jpg IMG_1619-1.jpg


トラビス・パストラーナ選手と話すキーラン。
IMG_1622-1.jpg


Day2は、以下のようなアイテナリーでした。

-------------------------------
SS7 Walde Trail 2.28 mile
SS8 Otterkill 7.88 mile
SS9 Little Rock 14.89 mile

Itasca Service Park 40 min

SS10 Anchor Mattson 9.07 mile
SS11 Little Rock Ⅱ 14.89 mile
SS12 Sugar Bush 6.98 mile

Itasca Service Park 10 min

SS13 Anchor Mattson Ⅱ 9.07 mile
SS14 Subaru Street Stage 0.62 mile
SS15 Subaru Night Stage 0.62 mile
-------------------------------
IMG_1625-1.jpg

SS7、8で、フロントダンパーノーマルでも結構走れる事を確認。
SS9からは安全マージンを持ちながらペースを上げて、自分の経験値を上げ、ペースノートと3次元コースへの習熟をしつつ、クラス2位のポジションをキープする走りを実行しました。

トラブルはなく、サービスでは特別何もする事なし。
食事と水分補給、車はタイヤローテーションとトルクチェック、オイルやクーラントのチェックだけで完了。
Day2は、ホンダR&Dアメリカズのラリーチーム、THR(Team Honda Research)と一緒にサービスパークを展開。
THRの方が圧倒的に設備が充実してます・・・いずれは我々もここまでできれば良いですね。
IMG_1630-1.jpg IMG_1632-1.jpg

チームオニールのサービス。
2WDクラストップのキャメロン・スティーリー選手にはちょっと追いつけそうにありません。
IMG_1634-1.jpg


SS10以降もステディにSSを消化。
気温が30度近くまで上がって湿度も高く、また車もロングステージのSS9、11でオーバーヒート症状が出て、SS終盤で暖房Onした為、結構暑いラリーでした。

Day2 2回目のサービスを終えて、SS13を走り、残すはデトロイトレイクスのストリートステージ2本を残すのみ。
ストリートステージにシケイン設置中。
IMG_1640-1.jpg IMG_1641-1.jpg


前も後ろも差が開いているので、ストリートステージはべた抑えで2本走り終えて、無事にゴール。
(キーランが物凄く心配してました。攻めるな、滑らすな、ゆっくり走れ、と・・・)

自身初、そして日本人初の全米選手権クラス2位入賞を果たすことが出来ました。
IMG_1652-1.jpg


11951386_10206504689668644_6959702193725911515_n.jpg


今回、多くの方々に支えられ、協力頂き、勝てはしなかったものの、現在望みうる最高の順位を勝ち取ることが出来ました。

ご協力頂いた方々(敬称略)

・Honda Manufacturing of Indiana , LLC (HMIN)
・Honda R&D of Americas Team Honda Research (THR)
・株式会社ブロンコバスター(ブレーキパッド)
・株式会社キャロッセ(LSD)
・ビルズ(サスペンション)
・住友ゴム工業株式会社(タイヤ)
・エンケイ株式会社/株式会社アイアールエス(ホイール)
・昭和貿易株式会社(大物部品輸出入コーディネート)
・有限会社アールエスタケダ(部品手配、発送、コーディネート)
・本田技研工業鈴鹿製作所 爽風会自動車部
・応援してくださったすべての皆様

どうもありがとうございました。

次戦は10月16日から18日まで、ミシガン州ホートンで開催される、ラリーアメリカ2015最終戦、LSPR(Lake Superior Performance Rally)に参戦します。

引き続き、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
206.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。