牛タンを喰らう会

食べ物の話題です。

以前、アメリカでホルモン焼きに挑戦した記事を書きました。

ホルモン in USA

最近は、インディアナの11月にしては暖かい日が続いているので、今年最後の七輪焼きをする事にしました。
ホルモンは下ごしらえが面倒臭すぎたので、今回は、牛タンを焼いて食べる事に決定。

アメリカでは、牛タンがかなり安く手に入ります。
ただ、舌の形そのままで冷凍されているので、下ごしらえ、というか、捌かないといけません。

インディアナポリスのアジア系マーケット、サラガインターナショナルグロサリーで、牛タンを調達。
この大きさで22ドル。

でろーん。
IMG_1940.jpg

グロいっす。

表面にざらざらの皮が付いているので、これを削いで行きます。
IMG_1941.jpg IMG_1942.jpg

薄く切って、更に盛り付けます。
凍っているので、切るのは大変です。
IMG_1943.jpg


大皿に大盛りで2皿取れました。
日本の焼肉屋でこんなに牛タンを食べたら、いったい幾ら掛かるんでしょうか・・・
肉はアメリカが圧倒的に安いです。

それを、日が暮れて寒い中、七輪で焼いていきます。
合わせる酒は、ビールと日本酒、そしてサラガで買ったマッコリです。
分厚く切ったタンを、塩コショウとガーリックパウダー、ネギ塩だれで堪能しました。
堪能しすぎてアゴが疲れた(笑)
IMG_1946.jpg

しいたけやハマグリ、エビやホタテ、スルメも焼きました。
夏の七輪焼きとは、また違った趣があります。


これで今年は最後かな・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する