アメリカ南部の旅 その2(サバンナ~チャールストン)

12月29日にサバンナを後にし、大西洋岸の古都チャールストンに行きました。

チャールストンは、かつて奴隷貿易と綿花栽培でとても栄えた場所です。
チャールストン郊外にはプランテーションが保存されていて、見学する事ができます。
筆者一行はブーンプランテーションに行きました。
奴隷制度時代の生生しい資料が保存されています。
こちらが母屋で、
IMG_2632.jpg

こちらが奴隷小屋です。
IMG_2621.jpg



チャールストン郊外には、もう一つ見どころがあります。
第二次世界大戦で実戦投入されていた、空母ヨークタウン(CV-10)が保存されています。
空母の内部、飛行甲板、艦橋などを見ることが出来ます。
IMG_2723.jpg

IMG_2834.jpg

IMG_2891_2016011806263369a.jpg

キャプテンの椅子にも座れます。
かつて日本と戦ったアメリカの海軍司令官もここに座って戦闘指揮をしたんでしょうね。
IMG_2884_20160118062631757.jpg

ヨークタウンの戦績です。
大日本帝国海軍の戦艦大和や、空母瑞鶴などを沈めたとあります。
IMG_2822_20160118062110c75.jpg

IMG_2823_20160118062112d3f.jpg

チャールストンの町並みはこんな感じ。
ヨーロッパ風の石畳と、カラフルな家が並び、非常にきれいな街です。
日本ではあまり馴染みがない街ですが、アメリカでは不変の人気があり、アメリカの旅行専門誌でも、2014年の世界で2番目に良い観光地に選ばれたとのことです。

http://tabit.jp/archives/4674

IMG_2931.jpg

IMG_2952.jpg

IMG_2940.jpg

街のシンボルの噴水です。パイナップルのような形をしています。
IMG_2944.jpg

街の中心にあるシティマーケットです。
麻細工などが多く売られています。
IMG_2913.jpg


アメリカ南部3か所をまわり、12月31日に再び北上。12時間ほどかけてインディアナの自宅に帰りました。


今年は暖冬という事もあり、南部に居る時は半そで短パンでも良い位の気温(25度位)でしたが、ノースカロライナのあたりから寒くなり、ケンタッキーからインディアナのあたりでは完全に冬の気温となりました。

こんな感じでアメリカ駐在生活最後の長期旅行も無事に終了しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する