6年ぶりの氷上走行

先週末、

「ディレッツァスノーミーティング」

が、長野県佐久穂町の八千穂レイクで行われ、筆者も参加させて頂きました。

このイベントは、平たく言うと、「凍った湖の上を車で走ろう」というものです。

ただ、自然が相手ゆえ、開催出来る、出来ないは時の運でもあります。

過去数年間は天候不順で開催出来なかったようで、今回は5年ぶりの開催となりました。

筆者自身も6年ぶりに八千穂レイクに行ってきました。
16426066_752818418218827_4252305245047246942_n.jpg

16508809_751896511644351_6513784468770522483_n.jpg

16387022_751896514977684_5181215735866905476_n.jpg



土曜日は37台、日曜日は44台のお客様がお見えになり、氷上走行を楽しんで行かれたようです。

無料ドライビングレクチャーも盛況で、土曜、日曜合わせて40名程の参加申し込みがあり、嬉しい悲鳴で休憩も出来ない程でしたが、少しでも皆様のお役に立ったのであれば幸いです。

16508791_752818374885498_4881772638135090626_n.jpg


さて、滑りやすさの指標に、「摩擦係数」というものがあります。

一般の乾いた舗装路を走ると、摩擦係数は0.8とかで、濡れた舗装路だと0.5とか0.4になるのですが、

雪上では0.2から0.4、そして氷上の摩擦係数は0.1くらい。

つまり、ドライの舗装路面の1/8しかありません。

もの凄く滑りやすいので、ブレーキやハンドルが全然効きません。

また、すぐに車の挙動が乱れますので、基本に忠実な運転が求められるのですが、低い車速で車の限界が試せる訳で、それはすなわち運転のトレーニングに最適なんです。

6年ぶりに八千穂レイクを走りましたが、改めて、氷上走行/雪上走行は良い運転トレーニングになるな、と実感しました。

なかなか安定して開催出来ない本イベントですが、スタッドレスタイヤを履いた車であればどなたでも参加できますし、助手席にも後席にも同乗しての走行OKなんで、ご家族でも楽しめます(←ここ重要です!筆者も家族持ちなんで分かります笑)


何より、滑る路面で車をコントロールするのは楽しいです。


来年も開催予定と思いますので、来年も多くの皆様とお会いできればと思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する